グラフィックボードとは?種類と性能の違いについて

グラフィックボードはGPUが同じメーカーであればたとえ違う企業が製造および販売をしていても性能は似たようなものになります。そのため、グラフィックボードの性能の違いというのはGPUのメーカーの違いということになります。では実際にGPUを製造しているメーカーがどの程度存在するのかと言いますと、現在は2社が販売するものに絞られます。それはNVIDIA GeForceとAMD RADEONです。まず1つ目のGeForceとは何かと言いますと、米国NVIDIA社が開発しているGPUの名称です。例えばIntel社のPentiumのようなものです。このGPUは他社との開発競争が激しかった頃から開発スピードが速く、現在グラフィックボードに搭載されているGPUで一番普及しています。なおこのGeForceは廉価版から高性能な機能が搭載されたものまで幅広い種類のものを取り揃えています。このため、2Dと3Dの両方のグラフィックも動きが安定しています。またゲーム分野でもこのGoForceをベースに開発されていることが多いのでその分不具合も少なくなっています。次にRADEONについてですが、米国AMD社が開発しているGPUの名称です。依然はカナダのATI Technologies社が開発していたGPUですが、2006年にAMD社に買収されました。過去には動画機能がGoForceよりも優れていた時期もありましたが、最近ではあまり大差はありません。逆に3D機能がGoForceよりも劣っていた時期がありましたが、この点においては現在GoForceにほぼ追いついています。RADEONはGoForceよりもシェアが低いのですが、同じ機能のものが低価格で購入できるところが魅力となっています。